2008/04/26 (Sat) 13:43:56

ヨーロッパのたびで購入した小物。PART1

わたしが、このヨーロッパのたびで出会い、そして購入したものについてのエピソードです。

このたびでは、いろいろな出会いがありましたが、物との出会いもその一つです。

DSCN0383.jpg


この「ぞうととり」は、わたしがいまOPENしているお店の看板を作るときに、モデルとして使いました。
ドイツの「シュタイフ」という会社のぬいぐるみですが、これは、1960年代に作られた古いものです。
ぞうは、ベルリンの蚤の市で、とりは、ビンゲンという街のお祭りのバザーで見つけました。
パタリロ(だんな)が、特に気に入っているようです・・・。

DSCN0499.jpg


これも、みんな「シュタイフ」のぬいぐるみです。
白熊と緑の鳥は、ドイツのデパートで購入した新品です。
いまでも、売られています。
他は、古いものです。
古いものは、中に木屑をつめてあり、外の毛は、WOOLでできています。

DSCN1240.jpg


ドイツの小さな駅で、乗り継ぎの列車を待っていたとき、小さなお花屋さんを見つけました。
時間つぶしに花を見ていたら、花の側にいくつかアンティークが売られていました。
わたしは、この、「お祭りのヨーヨーみたいな水差し」に一目ぼれしてしまいました。
旅は、まだまだ続くというのに、この薄い手ふきガラスとともに、気をつけて旅をすることになりました。でも、根性で割れることなく日本に持って帰りました。

DSCN1232.jpg


ドイツの蚤の市で購入した、「HOONER」のハーモニカです。
「HOONER」は、有名なハーモニカの会社で、ハーモニカ界の老舗中の老舗です。
私たちの買ったものは、古い物なので、二つ、吹くことができない音があります。
パタリロが、気に入って購入し、「ハーモニカの達人になってやる。」とはりきっていましたが、今は、ハーモニカの存在すら忘れているのではないでしょうか?
パタリロ(だんな)に、あの熱い気持ちを、もう一度思い出して欲しいです。

DSCN1237.jpg


ドイツのおもちゃやさんで購入しました。
「オステマ」という会社の木のオモチャです。
赤ずきんちゃんとおおかみなど、話のシリーズになっているものもあります。
パタリロ(だんな)のお気に入りは、ぞうの親子らしいです。

DSCN1243.jpg


「BREE」の革のバックです。
ドイツの「BREE」の専門店で、一目ぼれして買いました。
バーゲン中だったので、日本円で1万円近くで購入することができました。
日本へ帰国してから、日本にある「BREE」の専門店に言ってみると、どの製品もとても高かったのでびっくりしました。
ドイツに行かなかったら、一生買うことはなかったかもしれません。
運命を感じます。
でも、私の扱いが雑なせいか、くたっとなってきました・・・。

DSCN1044.jpg


フランスのクリニャンクールの蚤の市で見つけた、時計です。
時計屋のお兄さんの説明では、1950年ごろのものだそうですが、詳しいことはわかりません。
お店で使っていますが、1時間に5分ずつ遅れていきます。
この時計を見て動くと、とんでもないことになりますので、お店の飾りとして使っています。
ただ、お客さんはこの時計を信じて、動いておられるのかもしれません。

DSCN1042.jpg


デンマークのボダムで購入した電卓です。
ボタンが大きくて、押しやすく、かつかわいいものを探していたので、理想通りでした。
お店で使っています。

PART2につづく。



『深やき珈琲 そにろき』
http://www.sonirokicoffee.com
←私たちの自家焙煎珈琲豆のお店です。ぜひ、遊びに来てください。

広島ブログ banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<


trackback (0) | comment (2) | ヨーロッパの旅
2008/04/19 (Sat) 14:36:48

ヨーロッパの珈琲について

ヨーロッパへの、バックパッカーのたびについては、全て書きましたが、肝心の珈琲の勉強は?という突っ込みもあると思います。

もっともです。
珈琲の勉強もかねてのヨーロッパだったわけですから・・・。
しか~し、正直なことをいってしまうと、自家焙煎の珈琲店は、発祥したヨーロッパでさえ随分少なくなっており、老舗のカフェでも、お店で自家焙煎しているわけではないという事実が分かりました。
実は、いまや、日本のほうがヨーロッパよりも、自家焙煎珈琲のお店が多いのではないかというくらいです。

でも、1800年代から続いているカフェの雰囲気や、深煎りのコーヒーがごく普通に飲まれているヨーロッパのコーヒー事情は良く分かりました。

はっきりいって、日本でよく言われている「珈琲はブラックで。」(ちょっとかっこよく、渋い顔で)などという概念はまるでありませんでした。

実際にカフェでブラックの珈琲を注文すると「???」という顔をされ、作り置きしてある珈琲メーカーの珈琲を申し訳なさそうに、「これでいい?」と出されるんです。
では、ヨーロッパの人はどうやって珈琲を飲んでいるかというと、ミルク、または砂糖を入れるスタイルです。

もちろん、国によって少しずつ違っています。

イタリアでは、 うわさどおりに、「エスプレッソ」を飲みます。(エスプレッソについて→エスプレッソ

小さなカップに入った、とても濃い深煎り珈琲に、大きなお椀に山盛りにいれてある砂糖をスプーン約3杯いれて、かき回さずに飲み、最後に残った珈琲あめのような部分をガタイのいいイタリアのおじさんが、おいしそうに楽しんでいました。

「カフェ・ラテ」を注文している人もいました。(カフェ・ラテについて→カフェ・ラテ)日本でいうコーヒー牛乳のことです。
ただし、エスプレッソがベースです。

ちなみに、私たちの滞在したローマでは、自家焙煎の珈琲店があり、新鮮でおいしい珈琲を飲むことができました。

ドイツ、フランス、スイス、デンマーク、オランダでは、「カプチーノ」を飲む人がほとんどです。(カプチーノについて→カプチーノ

オーストリアでは、「ウインナーコーヒー」を飲む人もたくさんいます。
でも、オーストリアでは、「アインシュペナー」と呼ばれています。
生クリームと珈琲(これもエスプレッソ)を半分ずつの割合で入れたものです。(ウインナーコーヒーについて→ウインナー珈琲
この珈琲と、本場のザッハトルテの組み合わせは、サイコーでした。

というわけで、ヨーロッパでは、基本的に、深煎り珈琲をエスプレッソマシーンで抽出したものをベースにした珈琲が主流です。
日本のように、「ブラックで。」(ちょっと渋い感じで)という注文方法は、ほとんどありません。
珈琲とあま~いお菓子の組み合わせが普通のようです。

わたしたちは、深煎り珈琲とミルク、深煎り珈琲とチョコレート、深煎り珈琲とケーキの絶妙なバランスをますます好きになりました。
そして、この濃厚な深煎り珈琲のおいしさを、みなさんにぜひ紹介したいと思いお店を始めました。

しかも、珈琲って特に、新鮮ではないものは胸焼けを起こすんです。
わたしも、胸焼けが起きるため、昔は珈琲が嫌いでした。
胸焼けを起こさない珈琲をと探してみても、なかなかなかったので、それじゃあ、自分達で作ってみようと思い立ったんです。

私たちのお店の珈琲豆は、もし売れ残ったとしても、古くなった豆はきっちり自家消費するか、捨てていますので絶対に胸焼けはしません!!なんだか、宣伝のようになってしまいましたが・・。

実際には、私たちは、家でこういう珈琲ライフを過ごしています。
朝は、珈琲メーカーで淹れた「そにろき」の珈琲とお菓子、夕方は「そにろき」の珈琲を使ったカプチーノとチョコレートを、夜は、「そにろき」の珈琲をネルドリップしたものとチーズの組み合わせで一日を締めくくっています。

当然ですが、毎日「そにろき」三昧です!

みなさんのなかで、もし、珈琲を飲んで胸焼けをされるという方がおられたら、新鮮な珈琲豆を購入して試してみてください。

きっと珈琲が嫌いでなくなると思います。、
自家焙煎と書いてあるお店の中でも、どのお店が新鮮な珈琲をあつかっているのかを見わけるのは難しいですが・・・。
新鮮さにこだわっているお店は間違いないと思います。
新鮮さについての情報がないお店は、飲んでから確かめるしかありません。

DSCN0342.jpg

イタリア(ベネチア)カフェ・フローリアン

200px-Sachertorte_DSC03027 ザッハトルテ

ザッハトルテ



『深やき珈琲 そにろき』
http://www.sonirokicoffee.com
←私たちの自家焙煎珈琲豆のお店です。ぜひ、遊びに来てください。

広島ブログ banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<





trackback (0) | comment (3) | ヨーロッパの旅
2008/04/05 (Sat) 13:24:45

新聞の折り込み情報誌に載りました。

DSCN1219.jpg


3月26日(水曜日)付けの”読売新聞”広島県版の折込情報誌「ひろしま県民情報」に” そにろき ”が掲載されました!
すっかり、報告するのが遅くなりました・・・。
というのも、私たちの周りでは、残念ながら読売新聞購読者が少なく・・・。

しか~し、立派に載っていますので、このページに載っている、私たちのお店をみてやってください。
こんな感じです。
広島県人で読売新聞を取っている方は、ぜひ、積み重ねられてしまった新聞の束から探してみてください。
他県の方は、機会と、ご希望があればおみせします。
ちなみに、パタリロ(だんな)は、お店に来たお客様に、リクエストもないのに、みずからこの新聞を見せています。
「見せたがりパタちゃん」なのでお店に来て見せられたかたは、パタリロのことを大目に見てやってください。


『深やき珈琲 そにろき』
http://www.sonirokicoffee.com
←私たちの自家焙煎珈琲豆のお店です。ぜひ、遊びに来てください。

広島ブログ banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<
trackback (0) | comment (4) | 取材