2007/06/12 (Tue) 17:05:40

”ヨーロッパの珈琲を勉強する旅 プラス ハネムーン”台湾編

”ヨーロッパの珈琲を勉強する旅 プラス ハネムーン”続き・・。

私たちの購入したチケットは「チャイナエアラインで行く、広島発・台北・ローマ」という格安のチケットでした。
そのため、まず広島空港から台湾へ向かうことになりました。

小学校の先生をしていたこともあるのに、5分前行動ができない私たち。
これから”ヨーロッパの珈琲を勉強する旅 プラス ハネムーン”に出発するというのに、またまた、時間ぎりぎりに広島空港へ到着してしまいました。
しかも、一応ハネムーンだというのに、なんと席は離れ離れ・・。
かなりブルーな気分になりました。
たまたま席が隣になったおじさんに、
「私たち”ハネムーン”なのに席が離れ離れになって・・・。」と寂しそうに、しおらしくアピールしてみると・・・替わってくれた~!
「本当にありがとうございます。これでもし万が一飛行機が落ちても、一人だけ生き残ってしまうってこともなく安心です。」
と感激しました。
しかし、そんな優しいおじさんたちはなんと台湾へ”買春ツアー!”へ行くらしいことが判明。
う~ん・・・。

そうこうしていると1時間30ほどで台北空港に到着しました。
私たちは、真っ先に空港のインフォメーションセンターへ。
というのも、台湾についての情報は、図書館でガイド本を借りてコピーした3枚の紙だけで、しかもすでにインクがにじんで読みにくくなっていました。
さらに、今晩の宿はまだ未定。
あってよかった~インフォメーションセンター。

もちろん台湾語は話せないので、万国共通の英語で、
「とても安いホテルを1泊予約してくれませんか?」
とお願いしました。
すると、おばさんが「2000元のホテルはどう?」と言ってくれたけど、
「う~ん、日本円で5600円。これから、3ヶ月ヨーロッパで過ごすためにもっと節約しなければ」
と思ったわたしは
「いや~もっと安いのはありませんか?」とねばってみました。
すると、おばさんが「あなたたち夫婦?」と聞いたので「ハネムーンで。はぁとvv」と元気に言うと、なにやらはにかみながら探してくれました。2人で1泊800元のホテルを。

その当時1元が2.8円だったのでなんと2240円。
やったあ!格安だ。
上機嫌のまま市内について、ホテルを探し当て受付をしました。
ロビーで一息ついてふっと気づくと、なにやらサラリーマン風のおじさんと若いお姉さんが昼の2時だというのに肩を組んで受付をしていました。

あーっ!おばさんが”はにかんだ”意味が今分かったー。
きっとここは、日本でいうラ○ホテルです。

1泊2人で2240円なのにシャワーにテレビ、エアコンまで完備している意味が・・・。

しかし、私たちにとっては、安くてしかもシャワーにテレビまで付いていてパラダイス。
ということで、最終的には「いいホテルだったね。」とおばさんに感謝しました。

20070612155420.jpg

「パラダイス」なホテルの部屋ではしゃぐパタリロ。
台湾のポテトチップスとビールを持って。


広島ブログ banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください・ω<



『深やき珈琲 そにろき』http://www.sonirokicoffee.com
trackback (0) | comment (3) | ヨーロッパの旅

comment

2007/06/12(火) 20:50:39 | | edit
#
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/14(木) 17:22:23 | URL | edit
ドキンちゃん #-
v-238ホテルを利用とはおばさんも
気が利くじゃない!確かに、そこら辺の変な格安ホテルより、キレイだろうし、すっごく安いんだね!
今後、しばらくは海外旅行はないだろうけど、熟年になったときの知識として覚えておこう!さて、その時利用する勇気があればの話だけど・・・。v-8
現地のスナックや飲み物ってすごくひかれるよね!今後も楽しみにしてますよ!
2007/06/15(金) 12:04:02 | URL | edit
そにろき #-
「バックパッカーズホステル」よりは数段良かったよ。
ちなみに、「バックパッカーズホステル」とは、1泊一人2000円くらいだけど、トイレ・シャワーは共同、部屋は相部屋(2段ベットがいくつも並んでいて、そのなかから好きな場所を選び、寝袋で寝る)タイプのホテル?です。
いうなれば、学生時代に研修で行く「青年自然の家」のようなところです。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック