2007/06/24 (Sun) 16:57:07

”ヨーロッパの珈琲を勉強する旅 プラス ハネムーン”イタリア(ローマ)編つづき

ローマ滞在3日目となりました。ローマにも少し慣れてきて、道端で物乞いをするおばあさんやおじさんの姿もローマの風景の一つとなってきました。(道行く人たちに空き缶を差し出して、「お金を入れてくれ」とジェスチャーしていたが、私達が通るとその空き缶をひっこめられた。よほど、お金を持ってなさそうにみえたらしい。いいのか、悪いのか・・。)

まず私たちは、明日スイスへ向かうためテルミニ駅(ローマの中央駅)へ列車の予約をしに行きました。
すると、夏休みシーズンということもあり駅には人があふれかえっており、予約するためだけに、並ばなければならないという状況でした。

1時間ほど待って、やっと私たちの番になり、スイスへ行く列車の予約をしました。
ユーレイルパス(ヨーロッパの列車の周遊券)という券を見せると、すんなり予約ができましたが、手数料は別料金で30ユーロ(約4000円)も支払わなければなりませんでした。くそ~。

「やっと終わったね。さあ、残りの市内観光楽しもう!」
とやる気になったその時、なにげなく予約券を見ると2等客車(日本で言う普通車)となっています。私たちは、わざわざ1等客車(日本で言うグリーン、ファースト、ビジネスクラス、30歳以上なのでこのクラスしか購入できなかった。)のユーレイルパスを高い金額で購入しているのに・・・。
私たちの風貌から、2等車だとおもいこみ間違ったらしい・・。
ショックー。

そして、また、私たちの1時間は予約の変更のためだけにつぶれました・・・。

やっと、市内観光へ。
あの有名な”コロッセオ(円形劇場)”に入ろうとすると、これまた入場券売り場に長蛇の列ができていました。
しかし私たちは、その長蛇の列を横目に見ながらすんなり中に入ることができました。
もちろん、ずるをしたわけじゃありません。”パラティーノの丘(ローマに初めて集落が作られた建国の地)で、すでに券を購入していたからです。
実は、コロッセオとパラティーノの丘は共通券となっており、どちらで購入してもいいんです。
大部分の人はそのことを知らない、もしくはコロッセオだけに行きたいためコロッセオで購入してしまうのでしょう。
そのため、コロッセオの入場券売り場が混雑してしまうのです。

後で私たちもそのことに気づき、得した気分になりました。でも、駅で2時間も並んだので、結局同じ時間かかった??

もし、夏の観光シーズンにコロッセオに行くなら、券は”パラティーノの丘”で購入することをオススメします。

DSCN0063.jpg

コロッセオ。72年に建国されたらしい。
気軽に古代の遺跡の中を歩くことのできるローマ。
カルチャーショックをうけた。

DSCN0070.jpg

コロッセオの内部。剣闘士と猛獣を戦わせる見世物が行われていた。
まるで、映画「グラディエーター」の世界。
ここで、この夏にコンサートが開かれるらしい。そのためのステージが作られていた。

DSCN0057.jpg

パラティーノの丘。ここからあのローマ帝国がはじまった。

DSCN0050.jpg

「コインを投げるとローマへの再訪が叶う」という伝説のあるトレヴィの泉。
たくさんの人が投げるコインが、写真を撮る私たちの側をびゅんびゅんとすり抜けて行きちょっと怖い。

DSCN0071.jpg

「ローマの休日」で有名な”真実の口”。
もとは、マンホールのふただったという説もある。
ここも、この写真を撮るためだけに30分ほど並んだ。
写真を撮っているパタリロの後ろには「はやくしろ~。」という目が光っていた。


広島ブログ banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<


『深やき珈琲 そにろき』http://www.sonirokicoffee.com
trackback (0) | comment (4) | ヨーロッパの旅

comment

2007/06/24(日) 21:58:42 | URL | edit
ドキンちゃん #-
どこでも長蛇の列ってあるんだね…。
なんか日本だけの風習のように思ってたよv-13食べ物のためならいくらでも並べる私だけれど、相手のミスで1時間はつらいよねv-12

しかし、写真鮮やか!ガイドブックよりキレイな気がするv-46世界の歴史を全く知らない私…。ここで勉強させてもらいます!
2007/06/26(火) 23:52:09 | URL | edit
そにろき #-
ガイドブックよりいい写真とはうれしいねえ!
これからもいい写真をアップしていくよ!
まったく、見た目だけで2等車にされるなんて、災難だったよ!
2007/06/29(金) 14:03:46 | URL | edit
はじめまして♪
いろいろ旅をされて、本当にうらやましいのひと言では足りません!
私も大のコーヒー党で、コーヒーの文字に誘われておじゃましました。
写真で拝見しても、遺跡めぐりは体力と時間との戦いみたいですね。
何年後かの老後の楽しみがまた増えましたが、海外の観光地めぐりの旅もデジタルカメラ持参だとこんなにもきれいに撮れるのですね。
ビデオカメラもいるし・・・。いつになるか??わかりませんが、参考にさせてください。
コーヒー販売ありましたら買いますよ~♪
2007/06/29(金) 15:32:08 | URL | edit
そにろき #-
ポムポムプリンさんはじめまして、そにろきです。
コメントありがとうございます!
そうですね。遺跡めぐりは体力を使います。場所に到着するまでもそうですが、遺跡の中も思ったより広く、歩くのが大変でした。欧米の方々の夏休みが6月から始まるということもあり、観光客の方が多かったです。ゆっくり回るなら、春や秋がオススメかもしれません。

珈琲もお好きだということを聞きうれしいです。
もしよかったら、『深やき珈琲 そにろき』のホームページのほうにも遊びにいらしてください。そこで、サンプル珈琲のプレゼントや珈琲の販売について詳しく説明しています。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック