2013/03/10 (Sun) 15:06:28

NHK のど自慢 呉市大会

3月17日に「NHKのど自慢 呉市大会」が開催されます。
3月16日には予選が行われ、その予選に出場できるのは、250名です。
その予選を勝ちぬいた20名近くが、晴れて本選のTV出演をすることができます。

10年以上前から、いえいえ両親が「NHKのど自慢」を見ていた子供のころから、少しずつ、「のど自慢」出場を夢見ていました。

そして、呉市に住み始めてからは、パタリロ父母が「NHKのど自慢」を見ているときに、
「あ~~、のど自慢が呉に来たら絶対私出場します 。」
って言い続けていました。

それが、なんと、今度「呉」に来るそうです 
お~~ 、運命を感じました。

これは、「やったな 。」(なにが???)
と思いました 

「わたしのために、呉に来てくれた 。」と、うぬぼれました。

そんな私をずっとそばで見ていたパタリロは、初めは、
「がんばって 。」
と、いっていましたが、ついに、私に感化されてしまい、
「俺も出場する 。」
といい始めました。

そして、カラオケに3回行って、それぞれが歌う歌を決め、二人で往復はがきを買い、応募しました 

カラオケは、二人とも大学時代から好きで、大学生のころは、カラオケ1000円で何時間でも歌い放題、に行き、2人で、10時間ほど歌うこともありました。
あのころは、カラオケはブームで、とても安かったんです 

今でも、月に2回は行っています 

小さいころから歌が好きで、みんなの前で、恥ずかしげもなく歌っていましたし、いろいろな大会に出たいなと思っていましたが、実の母に
「あんたが出ても全然だめさ。好きなだけじゃ受からんとよ。(佐賀弁)」(あなたがでてもだめよ。好きなだけでは合格しないよ。)
と、出場を拒否されていました 
(今は、少し恥ずかしいです。当時の恥ずかしげもない自分が懐かしい 。)

それが、やっと自分の意志で参加できるんです。
ワクワクです 

しかも、ゲストは「氷川 きよし」と「神野 美伽」。
実は、25歳くらいの時、「氷川 きよし」に似ているといわれ、さらに親戚のおばちゃんからは、高校生の時から「神野 美伽」に似ているといわれてきました。

やっぱり、運命を感じます。

もちろんその逸話も、応募はがきに書きました。

そして、お店も休むことにしました・・・・・・・・・・・・・・。





なのに・・・・・・・・・・・。

落ちました~~~~ 

予選すら受けさせてもらえません。

せめて予選だけでも・・・・ 

予選の応募総数、1631通。(すごい!)
そのうち250人が予選参加することができます。

2013 3 10 3

倍率、6.5倍 

落ちました 

せめて、会場で応援だけでもと思い、観覧応募はがきも家族全員の名前で出しました。

会場での観覧の応募総数、25048人、に・にまんにん???  
収容人数はわかりませんが、全員落ちました。

2013 3 10 2


運命かもって思ったわたしは、なんなんでしょう?
エピソードも関係ないし・・・。

そんなことありますよね 

にんげんだもの。

もちろんお店は休みません。

店舗のからのお知らせ(3月)

・すてきな雑貨屋さん「littlewomen」にて、コラボコーヒー「りとぶれんど」を販売しています。
・おいしいベーグルのお店「禅ぱん」さんにて、コラボコーヒー「まんまるブレンド」を販売しています。
・NPO法人「日本タッチ・コミュニケーション協会」にて、「TOSHIKOぶれんど」を販売しています。売り上げの一部を児童虐待の被害を受けている子供たちの施設へ寄付していただいています。
・とても居心地の良い、古道具+食堂 時々個展やワークショップ「bol.」にて、コラボコーヒー「Bob」を販売しています。
・3月7日(水)、3月27日(木)は珈琲の講習会があります。
・ほかの日は、いつものように営業しています。(金・土・日 10:00~16:30)
・インターネット、お電話でのご注文は毎日受け付けています。

『深やき珈琲 そにろき』 http://www.sonirokicoffee.com

広島ブログ  banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<

trackback (0) | comment (2) | 笑い

comment

2013/03/18(月) 23:13:53 | URL | edit
音戸の舟唄を唄ったものです #XNJXB.sA
1600通だっただなんて知りませんでした
珈琲屋さんはじめまして 私は和楽の会民謡の会主 ゆうさん(ブログも書いております)と申します。

呉市ののど自慢に非情に幸運にも20組の中に選ばれ唄うことができまして(夢でした)・・ それでここを偶然にも見つけることが出来、読ませていただきました。

私はのど自慢に応募したことが今回初めてでしたし・・ たまたま予選に参加できましたもので・・ 1600通もの応募があったことすら初めて知ることとなり、非情に驚いております。

しかも観覧希望に25000人だなんて・・ 本当に信じられない競争率だったのですね。 このブログを読んでみて・・ 自分が選ばれたことの責任の重さに正直、少し頭を抱えてしまいました。

どれだけの人達が涙を飲んだのか!?と思いますと・・ 私は胸の詰まる思いです。  今回、初めて予選に挑みましたが・・ 歌が上手な方は山ほどおりました。

私はそれを聞けば聞くほどに自分に自信が持てなかったし怖かったんです・・ だけれども・・ その予選にすら選ばれていたということが・・

このブログを通じて、すごく狭き門だったのだ!!ということを痛感させられまして・・ 頭を上げられません。

僕は、できることならば・・  いつの日か、珈琲屋さんの心の歌を聞かせていただきたいです☆ 10年後にまた呉にやってくるみたいです!

その時は予選会場で是非ともお会いできれば嬉しいですね☆ 素敵なブログを読ませていただけ誠にありがとうございました。  それでは失礼致します。
2013/03/28(木) 15:25:03 | URL | edit
そにろき #-
ゆうさん

そうなんです。すごい倍率だったらしいです。その倍率をくぐり抜け出場されて、すばらしいですね!
あくまでも、楽しみの一つですので、責任なんか感じなくて大丈夫ですよ!また、10年後リベンジします。その前に、広島のどこかで開催されたら応募してみようかな?と思います。
TVで見せていただきました。「音戸の舟歌」聞かせていただきました。すごくお上手でしたね。私は、ひそかに優勝されるんではないかな?と思っていました。
いつかまた、予選会場でお会いできたらいいですね!
コメントありがとうございました。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック