2008/02/09 (Sat) 15:29:01

”ヨーロッパの珈琲を勉強する旅 プラス ハネムーン”ドイツ(ニュルンベルク)編

「るるぶポケットガイド」のドイツ、ニュルンベルクの章に、
”ニュルンベルクの職人広場内には、名物のレープクーヘン(お菓子)、革細工、木工製品などのショップが並んでいる。また、ニュルンベルガー・ブラートヴルストは、この地方の名物ソーセージ。スパイスが程よく効いた小ぶりのソーセージは、ビールとよく合う。ニュルンベルクでは、必ず食べよう。”
と書いてあったため、食いしん坊の私たちは、レープクーヘンとニュルンベルガーをめあてに、この地にやってきました。


DSCN0306.jpg

職人広場。

レープクーヘンは、クッキーの元祖といわれているそうです。蜂蜜と、小麦粉をこねて、シナモン、クローブの香りを効かせたクッキーで、栄養たっぷりだそうです。グリム童話のヘンゼルとグレーテルに出てくるお菓子の家は、このレープクーヘンでできていたんだそうです。

そんなレープクーヘンは、食べてみると、大きく期待していたほどの味ではなく・・まあまあ、おいしいという感じでした。
パタリロは、「わしはシナモンが嫌いじゃけえ、はきそうじゃ。」とまで思ったらしいです。
そういう感じの、スパイスの効いた柔らかめのクッキーでした。

夜は、もちろんニュルンベルガーソーセージを食べにビアレストランへ。
ニュルンベルクの地ビールとともに、ニュルンベルガーソーセージを食べ、いつものように大いに酔いました。(反省してな~い。)
ソーセージと地ビールのマッチングがなんとも言えず、素晴らしかったです。ニュルンベルガーは、スパイシーなソーセージで癖になりそうでした。

20日ほど滞在したドイツとも、ついにお別れで、明日は、オーストリアのウイーンへ移動します。
ドイツでの思い出に浸りながら、2人でビールで乾杯しました。ドイツは、治安もよく、親切な人も多く、のんびりした素敵な国でした。
もちろん珈琲もたくさん飲みましたが、そのことについては、最後にまとめて書こうと思っています。珈琲のことを忘れているわけではありません。謝罪~!


DSCN0307.jpg


DSCN0308.jpg


ニュルンベルク名物の「美しの泉」は、中央の広場に立つ黄金の塔で街で最古の泉。
塔の周りの柵に金色の輪がはめ込まれており、この輪を回しながら願い事をすると、叶うといわれている。もちろん私たちも、輪を回しました。
この旅で、”願い事をしながら~を触る”というイベントはもう何度も経験していますが、なんどやっても、お願い事をするのは楽しいイベントでした。

DSCN0312.jpg

カイザーブルク城。1050年ころに建てられたそう。
中世の雰囲気むんむん。

DSCN0310.jpg

城の中の建物。

DSCN0309.jpg

ニュルンブルクの街を見下ろす。
屋根がとっても大きく、屋根に窓がたくさん付いていて、不思議。


『深やき珈琲 そにろき』
http://www.sonirokicoffee.com
←私たちの自家焙煎珈琲豆のお店です。ぜひ、遊びに来てください。


広島ブログ banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<


trackback (0) | comment (2) | 未分類

comment

2008/02/09(土) 17:24:58 | URL | edit
ドキンちゃん #-
これって何日間の旅だったの?
続けてみてるから二人がずーっと旅してる
みただわv-104
中国から続いてるんかなぁ?
でも、楽しいわぁ。
海外旅行なんてあまり遠い夢のように思えて
たけど、二人のように工夫しだいで楽しく安くいけるんだもんね!
参考にしたいなぁv-238
2008/02/10(日) 10:26:19 | URL | edit
そにろき #-
これは、2005年の6月9日から8月12日までの約2ヶ月間のヨーロッパの旅の話です。
そういえば、そこんとこ説明してなかったね。はははv-405

今の時点で8月1日だから、あと10日で、帰国です。v-410
そういえば、わたし、何ヶ月もこのテーマで書いてるね!v-390
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック