2008/03/15 (Sat) 11:47:54

”ヨーロッパの珈琲を勉強する旅 プラス ハネムーン” スリとの遭遇、イタリア(ローマ)編つづき

DSCN0354.jpg

「サン・タンジェロ城」。
どこへ行っても、このようにローマっていう感じの建物ばかり。

DSCN0355.jpg

博物館?

ついに、ヨーロッパの旅も最終日を迎えました。
わたしたちは、ローマ市内のまだ見て回っていない場所を観光しました。
ローマ法王の住んでいる小さな国「バチカン市国」や、なぜか、とても行きたかった、世界最古の公衆浴場「カラカラ浴場」(別府に住んでいたことがあるからか?)などを見て回りました。

お昼ごはんにおいしいピザを食べようということになり、有名なピザやさんにやっとのことで着きました。
時計はすでに2時半。

しかし、お店は、夏休みをとっており、開いていませんでした。
(やられた~)さらに、近くの別のお店も開いていませんでした。がっかり。
力を落とした私たちは、途方にくれました。
おなかもぺこぺこです。
それで、
「しょうがないから、ホテルにもどってスーパーで買ったハムとチーズとパンでも食べようか。」
ということになりました。

しかし、ホテルまで歩いたら、1時間はかかる場所まで来ていました。
もうおなかがもちません。
わたしたちは、
「歩くのは無理。治安が悪いとか言ってる場合じゃナイよ。地下鉄を使おう。」
ということで珍しく意見が一致しました。

地下鉄は、とても治安が悪いと聞いていたので、ローマでは常に徒歩移動を繰り返していた私たちでしたが、連日40度を越える猛暑の中、歩き続けていたので、ついに私たちの体力にも限界が来てしまいました。

地下鉄は、超満員でした。
たくさんの外国人観光客らしき人と、地元の人たちであふれかえっていました。
その中で、日本人らしき客は、私たちだけでした。

地下鉄が駅を出発し、ほっと一安心。
しばらくすると、私が斜めにかけているバックが、なんだかごそごそと動いているような感じがしました。
ふと、バックを見ると、隣のサングラスの女が、わたしのバックのチャック開けようとしていました。

「うわ~スリだ~。パタリロ~。この女スリだよ。私のバックのチャックを開けようとしてるよ。」

とわたしは、隣にいたパタリロに叫びました。
私のバックは、ヨーロッパはスリが多いということを考えて、チャック式。
そして、中の財布は鎖でがっちりつないでいました。
その甲斐あって、財布をスラれる事はなかったのですが、非常にムカつきました。

しかも、それから次の駅に着くまでスリを真ん中に、私とパタリロが囲むような形で立っていて、さらに超満員なので、スリもわたしたちも動くことができずものすごく至近距離で15分くらい過ごすことになってしまいました。
わたしたちは、イタリア語が話せないので、イタリア語で文句をいうことができないし、英語も通じません。
でもムショーに腹が立ったので、日本語で
「すろうと思っても無駄だよ。あほ~、ぼけぇ。」
とかなんとか力いっぱい言ってやりました。
駅に到着するや否や、スリはすばやく走り去っていきました。 
まったく、なんてやつだ。

しかし、今までイタリアの地下鉄を避けてきたのに、つい乗ってしまうなんて・・・。
旅の疲れには、勝てませんね。
でも、このブログに書くためのいい話題になったし、なにより、わたしのスリ対策が成功したので良しとします。
また、もしスリにあってもきっと大丈夫。ふふん!

DSCN0352.jpg

バチカン市国のローマ法王が住んでいる、カトリック教徒の総本山「サン・ピエトロ寺院」の前。
この広場で大喧嘩をしたが、一応写真は撮っておこうということになり、喧嘩の合間に撮った一枚。
すごい顔をしたパタリロ。(ちなみに昨日、1時間も並んでサン・ピエトロ寺院に入ろうとしたら、入り口で守衛に「ナイフを2本も持っているので入れないよ!」と怒られた。(当たり前だよ)それも彼をこんな顔にしてしまった原因らしい。今日は2度目のチャレンジ)

DSCN0362.jpg

サン・ピエトロ寺院の中のミケランジェロ作の「ピエタ」像。
とてつもなく有名らしい。


DSCN0364.jpg

「サン・ピエトロ寺院」内の礼拝堂。

DSCN0363.jpg

「サン・ピエトロ寺院」天井の壁画とモザイク。
とにかく何だかすごい。



『深やき珈琲 そにろき』
http://www.sonirokicoffee.com
←私たちの自家焙煎珈琲豆のお店です。ぜひ、遊びに来てください。

banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<
trackback (0) | comment (2) | ヨーロッパの旅

comment

2008/03/15(土) 22:39:05 | URL | edit
ドキンちゃん #-
すっげぇ~~~!100%の確立で地下鉄はスリに会いそうやなぁ。絶対に乗りたくないなぁ。
でも、ナイフとか使うスリじゃなくて良かったよね!
でも、相手がわからないから言えるっていうのやってみたいわぁv-237
私も悪いヤツ見つけて「コノボケ!」って笑いながらささやきたいわ・・・v-8
今回つながりが悪いのか写真が見れなかった。
またチャレンジします!!
2008/03/16(日) 11:12:43 | URL | edit
そにろき #-
地下鉄に乗ったら、みんなが、財布を手で持って、上にあげていたから何でかな~とは思ったんだけど・・。スリ防止の為だったとは。
こんなこともあろうかと、財布を厳重にバックにつないでおいてよかったよ。「イタリア大して治安悪くないじゃん」と思った矢先の出来事。
油断禁物。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック