2008/12/16 (Tue) 12:12:48

気分は重病人。

中国新聞「CUE」の取材を受けて、はしゃぎすぎた私は、その反動からか、体調不良になってしまいました。

とにかくがくがく震えがきて、どうしようもなく寒かったので、生まれて初めて病院で「夜間・緊急診察」をしてもらいました。
こんな症状は初めてだったので、何か悪い病気にかかったに違いないと思った私は、
「きっと重病だ。」
と思いました。
診察室で、
「とにかく寒くて、ドキドキ動悸がします。アレルギーのショック症状かもしれません。先ほど、バラのとげが手にささったので・・・。」
と自分の症状をぺらぺらと伝えると、
とても冷静に、とにかく心電図をとりましょう。とのことだったので、心電図をとってもらいました。

結局、「心電図も異常なし。原因不明なので家で様子を見てください。」と薬も無しで返されました。
その時診てくれた先生が、どうみても私より若く、頼りない感じだったので、薬も無しで、様子を見てください・・・って信じられん。絶対やぶ医者だ!と心の中で叫びました。

次の日、原因不明の震えと、気持ち悪さがまだ治まらないので、
「このままでは、死ぬかもしれない・・・。あの医者はやぶだったから・・・。」
と今度は近所の病院に行きました。

わたし「先生、とにかく寒くて震えて動悸がします。血圧も上がっているようです。吐いたりとかはないのですが、気持ちも悪いです。」

先生「あなたは、のどが腫れている。風邪をひいていますね。それ以外は、ありません。」

先生「気持ちを楽にしてください。ケセラセラ(フランス語気にするな。)です。」

心の中で(うそだ~。こんなに息が詰まる感じがするのにうそだ~。しかも何でフランス語なんだ~。)と先生を疑いました。
牡蠣にあたって震えたことや、ムカデに刺されて震えたことしかなかったので、これがただの風邪だとは思えませんでした。
それで、自分で重病だと思い込み、ストレスで胸が苦しくなっていたようです。

先生「風邪薬と精神の落ち着く薬も出しておきましょう。」

って。

思い込みで重病人を演じていた私は、急に恥ずかしくなりました。
どうりで、こんなに重病なのに、おなかだけはすくな~変だな~と思っていました。


広島ブログ  banner_04blogrankingbana-.gif
ブログランキングに参加してます。ボチッと押してください。・ω<


trackback (0) | comment (4) | 未分類

comment

2008/12/16(火) 21:38:48 | URL | edit
ドキンちゃん #-
つーか本当に風邪だったん?
熱は??本当に動機とか震えとかあったん?
それなら新種のインフルエンザかい?
とにかく、嘔吐下痢になったばかりの私には恐ろしい体験だわ。
ケセラセラ・・・私も唱えることにします!!
もう、治ったん??お大事にね!!
2008/12/16(火) 23:16:36 | URL | edit
くま吉 #-
先日は 念願かなって来店できてうれしかったです!
この日も不調だったんでしょうか??体調大丈夫ですか??
私たちはとっても素敵なお店で めちゃ緊張してましたぁ
帰り道 主人に「くま吉の好きなものだらけじゃったけぇ うれしくてしかたないじゃろ」と言われたぐらいです
ほかのお豆を買いに また行けるのを楽しみにしています
ところで 私のブログにも お店の写真をのせてもよろしいでしょうか??
2008/12/17(水) 00:51:29 | URL | edit
ゆきちん #-
大丈夫??無理がないようにね!!
あたしは産後疲れか??子供産んでから、二度ほど過呼吸になってるよぉ。。ケセラセラでいかんとね(*^。^*)
2008/12/19(金) 14:47:59 | URL | edit
そにろき #-
ドキンちゃん
熱は平熱だったけど、動悸と震えがすごくて、いつも低血圧な私が、高血圧だったよ。
ドキンちゃん「嘔吐下痢」になったん。辛かったろう~。わたしも、「嘔吐下痢」は3年前に経験済みです。ひどいね~あの症状。なった人にしか分からないあの感覚・・。ドキンちゃんこそお大事に。

くま吉さん
先日は、ご来店ありがとうございました。あの日は、体調はほぼよくなっていました。心配していただいて、ありがとうございます。
お店のインテリアも気に入ってくださってうれしいです!また、ぜひいらしてください。お待ちしています。
くま吉さんのブログに、遠慮なくわたしたちのお店の写真を載せて下さい!

ゆきちん
「過呼吸」なるよね~。わたしも、一度なりそうになったよ。ゆきちんも体に気をつけてね。
そうだよ。ほとんどのことが「ケセラセラ」だよね。
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック